bg 身辺警護人 動画1話pandora/dailymotion/Youtubeドラマ部屋

bg 身辺警護人 動画1話pandora/dailymotion/Youtubeドラマ部屋

違法サイトのデメリットは、すぐには現れません。どういうことか?それは違法サイトを使うが故に将来的に、映画やドラマに多くの影響が出てしまうということなのです。ではその影響とは何か、という話ですがそれは非常に簡単なことで、映画やテレビに限らず、何かを作るには「お金」が必要で、これがとても重要です。
BGですが、公式サイトユーネクストとauビデオパスで動画配信されています

 

ともに一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、BGの最新話は無料でで見れますが

 

U-NEXTは入会ポイントで最新話を見ます

 

 

BGがみえるU-NEXT

U-NEXTは、一カ月間の無料お試しキャンペーンあり、最新話もテレビ放映後最新話が見える

 

ダウンロード(dl)再生ができるのでパケット代金を考えると

TBSオンデマンドやtverのデメリットを抑えられる

tverリンクを触るとスマホのパケット代金がパンクするので公式サイト以外に触らない注意が必要です

 

U-NEXT公式サイトは下記です

 

 

auビデオパス

 

auビデオパスですが、一カ月間の無料お試しキャンペーンしており、こちらは、最新話も無料です

映画館や飲食の割引が大きいため、auユーザーは、断然、auビデオパスがお得です

 

auビデオパス公式は下記です

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

bg 身辺警護人の動画第1話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfunは

違法サイトは大きなデメリットを生むのです。映画を映画館で観るには勿論お金が必要です。

2000円弱が一般的でしょうか。映画を観る人が皆映画館でしっかりそのお金を支払えば、そのお金は行くべきところに行きます。

しかし違法サイトではそのお金は発生しません。無料で観ることが出来てしまいます。無料というのは魅力的な響きですよね。

払うよりは払わない方がいいのですから。ですがその払わなかったお金は、「本来払うはずのお金」です。そこを無視してはいけません。

本来あるはずお金が届かない、となると映画制作側からみれば「割に合わない収入しか入らない」となるのです。

視聴者から払われたお金は全てが関係者のギャランティになるわけではありません。今後の製作費用になるのです。

では改めて考えてみてください。あるはずのお金が発生せず、ただただ無料で映画が観られてしまったら。

そう、どんどん次の作品を作るお金が無くなっていくのです。

そうなると映画は衰退の一途を辿る他ありません。未来の映画を救うのは今の映画であり、それを正当な対価を払って観る視聴者なのです。これはテレビ(主にドラマやアニメ)でも同様です。

「テレビは観るのがそもそも無料なんだから違法サイトで観たって同じでしょ」と思う人がいるかもしれません。

確かにテレビは無料で観られますよね。見逃せば録画していれば何度でも観られます。

では録画を逃していたら?どういった選択があるでしょう。

おそらく大体の人がDVDを想起するはずです。

そしてそのDVDが、唯一はっきりとお金が発生するテレビの収入源です(勿論他にもありますが)。

以降は映画と同じ考えです。DVDにお金を払えば観れるものを違法サイトで観ると、「本来払うはずのお金」が発生しません。

そうすると放送局へお金が行かず、将来のテレビに使えるお金が限られるのです。なので違法サイトでの視聴は将来、さらにテレビや映画をつまらなくする原因だということです。

理解してただければ幸いです。

bg 身辺警護人動画1話の注目キャスト斎藤工さん

 

斎藤工さんといえば、男の色気で溢れているセクシーさが女性に人気です。

父親の影響から昔から映画好きで自らメガホンを取ることも。俳優としてだけでなく映画監督をこなす俳優さんです。

ここ最近の斎藤工さんの代表作といえば昼顔。上戸彩さんとダブル不倫をする役で話題になりました。

普段は地味な教師ですが、ベッドシーンでは見事な鍛えられた上半身が世の女性を虜にしました。

今回、木村拓哉さん主演ドラマBGで木村拓哉さんの同僚役として登場します。鍛えられたその体で披露するアクションシーンはとても迫力があるのではないでしょうか。

見応えのあるアクションシーンが楽しみです。斎藤工さんといえば、2016年の年末に放送された笑ってはいけないのサンシャイン池崎さんとのコラボが未だに印象に残っています。

反響が大きすぎて本人は困ったほど。俳優さんでありながら、誠実にサンシャイン池崎さんになりきっていたシーンはお見事でした。

2017年度はオファーを断られたという噂です。正直、もう一度見たかったです。そんなお茶目一面もあり、迫力のある演技ができる俳優さん!

見た目は完璧すぎて少し遠い存在のように感じますが、笑ってはいけないな出演されてから親近感が湧き、ますます魅力的だなと感じます。