相棒16 動画 15話見逃した!無料視聴で再放送

相棒16 動画 15話見逃した!無料視聴で再放送

 

相棒シリーズですが、宅配レンタルのTSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスで楽しめます

 

放映中最新ドラマなどは、自宅にて、放送後すぐに見れるtsutayaの動画配信サービスが便利です。

 

レンタル8枚+旧作借り放題+入会時や毎月1080ポイント付与されます

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカス公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

 

 

相棒16 動画 15話見逃した

 

相棒16 動画 15話見逃した あらすじ

 

 

『事故物件』 盗難事件の金をネコババしたホームレスの東大寺雅夫(勝矢)は、老人が病死した“事故物件”のアパートを借りる。

 

するとそこで、『家族に殺された』と告発する手記を発見する。

 

盗難事件の捜査をしていた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、雅夫の噂を聞きつけアパートを訪問。

 

雅夫が何か隠していることを察した2人は、元の借り主の一族が遺産の相続を巡って揉めていることを突き止め…

出展:yahoo

 

相棒16 動画 先週のネタバレ

 

 

先週に引き続き、公安庁職員員殺害事件の真相を追う特命係の二人ですが、死体の第一発見者である寺で住み込みをしている常磐がアメリカに3年前滞在していたという情報をつかみます。

 

その頃、元ロシアの諜報員で警視庁広報部の美彌子のパートナーと噂されるヤロポロクは米国に亡命しており、そのつながりから常磐はヤロポロクが美彌子宛てに送った手紙の仲介者になっていたのではと疑いが出つつも、右京は、ヤロポロクは実は渡米していなかったのでは、と仮説を立て捜査を始めます。

 

捜査の中で常磐は実は知り合いの米国人から「人を殺して死体を埋めたが、家族の元に返して供養して欲しい」とお願いされたので死体を発見したふりをした、と白状します。

 

ただ、この情報にも怪しい点があると睨んだ特命係の二人は、実は美彌子宛ての手紙はヤロポロクが書いた物ではないことを発見し、実は公安庁職員は常磐が殺し、そしてヤロポロクも常磐が殺害したことを突き止めます。

 

常磐はヤロポロク殺しについてはロシアからの依頼であったが、公安庁職員は美彌子への恋心が動機、ということを白状し、事件は終結です。

 

ここからは感想ですが終盤どこまで事件が広がるかドキドキしていましたが、結末は結構小さくまとまった感じです。

 

もっと巨悪に立ち向かうのかとも思っていたので、非常に拍子抜けでした。

 

相棒 第16話までのの印象に残ったシーン

 

、前回の謎が明かされ、伏線が回収されていきました。

 

常盤(矢野聖人)の証言が二転三転して、そのたびにみんなが振り回されますが、最後には逮捕され真相を告白します。

 

やはり、白骨死体で見つかった公安調査庁の職員を殺したのは彼でした。

 

そして彼の手でヤロポロクが殺されていたのを知った社美彌子(仲間由紀恵)が、悲しみのあまり涙するシーンが印象的でした。

 

月本幸子(鈴木杏樹)も指摘していた通り、美彌子は彼を愛していたのですね。

 

今回も右京(水谷豊)の推理がさえ、真相を究明します。

 

が、悲しい結末になりました。矢野聖人の演技が良かったと思います。

 

最初はつかみどころのないひょうひょうとした若者でしたが、終盤、美彌子と対面したあたりから表情が変わり、何かにとりつかれたような感じになりました。

 

それまでとのギャップが大きかった分、印象に残りました。

 

相棒シリーズで、私が楽しみにしていることの一つに幸子の着物があります。

 

いつも落ち着いた感じで、それでいて地味すぎずよく似合っています。

 

欲を言えば、もう少しこなれた感じに着付けたほうがいいかとは思いますが。シリーズ最初からずっと見ていますが、当初少し違和感のあった反町隆史の相棒ぶりがしっくりしてきました。

 

冠城亘というキャラが、すっかり板についてきたように思います。