海月姫 5話動画無料視聴/見逃し配信/再放送

海月姫ですが、FODプレミアムの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

 

yahooIDで入会すると、月額888円が0円(free)+入会祝いで1200ポイントももれます

これで原作漫画コミックも無料で見れます

 

FODプレミアム公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 

海月姫5話あらすじ

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。

蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼〜ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に儲けが出たら趣味の品を買えるかもと言われてやる気になった。
作戦会議を始めるが、販売用のドレスを作るためには“尼〜ず”たちでは手に余る。そこで縫製のプロを雇うことになった。すると千絵子は友人にプロがいると月海たちを連れて頼みに出かける。

月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。ノムさんの服作りは人形専門。しかし、ノムさんの力量は本物でクラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作る。人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。
こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。

引用:フジテレビ公式ホームページ

海月姫 尼〜ずのドレス作り


月海たちがミュージックビデオの衣装を作るというのがメインのストーリーでした。

 

尼〜ずのみんなは、クラゲのドレスを作るという蔵之介の突飛なアイデアに戸惑っていました。

 

一番消極的だったのは、ばんばさんでした。

 

元の天水館のぬるま湯のような生活に戻りたいと、蔵之介を追い出してしまいました。

 

そして、一番現実をちゃんと見ていたのはジジ様でした。

 

「何もしなければ天水館はなくなってしまう」というジジ様の一言がターニングポイントになりました。

 

ドレス作りが再開してからは、デザイン担当の月海のプレッシャーがすごくてちょっとかわいそうでしたが、今回もクラゲに対する情熱と底力を見せてくれました。

 

出来上がったドレスはどれもフワフワしてキレイでした。

 

ドレスを着ていた蔵之介もキレイでした。

 

正直、ミュージックビデオのお姉さんたちよりも、蔵之介の方が似合っていた気がします。

 

今まで全く自信が持てず、天水館の中で現実逃避し続けていた尼〜ずたちが、蔵之介のおかげで少しずつ前向きになってきました。

 

前回から引き続き、月海と修がすれ違ったままで、月海はずっと元気がなかったですね。

 

でも蔵之介からの「月海はかわいい女の子だ」という言葉に、かなり衝撃を受けていました。

 

「友達」に進展した2人の関係が、次回からどう変化するのか楽しみです。