彼女の人生は間違いじゃない 映画 動画/無料youtube/pandora/デイリー

 

彼女の人生は間違いじゃない。

 

題名にある想いとは、きっと皆は主人公の境遇に対しての意味合いが強いと感じそうだけど…。

 

自分自身が、普通だと思い込んで生きて来た人へのメッセージが込められていると思うなぁ。

 

例えば…今日までの”彼・彼女の人生は間違いじゃない”と言って欲しいかな。

 

多分だけどね…これって価値観が反転するほどの出来事に遭遇しないと間違いに気づかないしさ。

 

でも、正解に導くには一人じゃ無理な事も多い。

 

だからこそ…模索する者同士が出合う必然な人生なのかも知れないなぁ。

 

彼女の人生は間違いじゃない 映画 動画/無料VODサービス

 

FODプレミアム

 

FODプレミアムはフジテレビの作品を中心とした動画配信サービスです。

放送中のドラマやアニメのほか映画やバラエティ、スポーツ中継のほか、FODオリジナル番組なども多数配信されています。

また人気雑誌の最新号が無料で読み放題で楽しめます。

電子書籍やコミックなどもお読みいただけます。

ご利用できるデバイスはパソコン、タブレット、スマートフォンです。

月額料金888円(税別)で見放題コースがご利用できます。

FODプレミアムには31日間無料お試しがあります。

yahooIDで登録するするだけで、このサービスが受けられます。

FODプレミアムの公式サイトには下記です。

 

FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FODプレミアム」

 

 

 

U-NEXT

 

U-NEXTは配信本数110,000本以上の日本最大級のビデオ・オンデマンドサービスです。

U-NEXTは月額1,990円(税別)で映画やドラマ、アニメのほかスポーツやドキュメンタリー、バラエティや音楽さまざまなジャンルが楽しめます。

最新の人気雑誌も読み放題です。

最大4つのアカウントが作成できるので、ご家族でもご利用できます。

ご利用になれるデバイスはテレビ、パソコン、タブレット、スマートフォン、ゲーム機などご自分のライフスタイルにあったものお選びいただけます。

またダウンロード機能を使えばデータ量の心配がいりません。

U-NEXTでは31日間無料お試しキャンペーンがあります。

登録時に600円分のU-NEXTポイントがプレゼントされます。

このポイントを使えば最新作やコミック、書籍なども楽しめます。

U-NEXTの公式ホームページは下記です。

 

映画が楽しめるU-NEXTの無料お試しキャンペーンはこちらからト

 

 

 

彼女の人生は間違いじゃない 映画 動画/無料予告

 

 

彼女の人生は間違いじゃないの映画動画情報

 

人だけでは無く、福島・東京の今を観て欲しい願い込められています。

 

週末に高速バスで東京に向かう主人公。

 

作品のイメージにある物語の始まりは、今生きる場所から非現実的にも見える場所への移動が鍵となっています。

 

ここで、徐々に変わる風景と心の声は大切なシーンです。

 

普通なら、異例な人間像を期待したり嘆き悲しむ姿を自身と照らし合わせるシーンが見せ場になりますね。

 

しかし、高速バスで主人公が眺める景色の変化は監督自身が言葉では伝えきれない大切な思いを感じてしまいますよ。

 

永遠に忘れない震災。

 

福島の今を伝えるのは当然ですが…東京と繋がる景色の変化が人々の記憶の薄れであり不安な証拠でもあります。

 

人が幸せになる為には、時として記憶を消し去る事も大事なのは確かです。

 

それでも、人が繋がっている意味を忘れないで欲しいからこそ。

 

無駄にも見える、高速バスで行き来する主人公には深い意味があるんですよ。

 

暗闇の中で、本当の生き方を模索する主人公達です。

 

誰もが覚えている、悲しくも多くの犠牲者を出した東日本大震災。

 

そして福島では、未だに先の見えない生活を仮設住宅で送る父と娘・みゆきがいました。

 

自分を見失い恋愛にも自信が無くなったみゆき(瀧内公美さん)は、週末には東京へ向かう生活を決断をします。

 

それは、誰も知らない市役所務めとは真逆な自分との生活でもありました。

 

もう一つの生き方デリヘル。

 

他人から見れば諦めた生活に見えても、徐々に3つを過ごす意味を模索しながら感情を開放して生きるみゆき。

 

そして、最後には無駄で間違った様に見える生き方の答えが待っているのです。

 

飾らない福島の方達との協演が自然に奏でられています。

 

撮影の殆どを、福島で行った事でも有名な”彼女の人生は間違いじゃない”です。

 

そこで、今の福島を知る方達からの応援・協力は大いに励みになったと瀧内公美さんもコメントしていました。

忘れる事が出来ない記憶。

 

人は苦しい出来事を忘れる事で、幸せになれる知恵を持っている生き物でもあります。

 

しかし、余りにも苦しい記憶は”消せない記憶”となり共に生き続ける意味を持たせるのも事実です。

 

だからこそ、認める勇気と明日へ希望を持ち続けなければならないとも感じます。

 

協演。

本来は、演奏を奏でる意味合いですが…地元の方々との協演は”観て欲しい人と場所”を意味しているんです。

 

見せ場では無く…見て欲しい人と場所。

 

演じている役者さん達が励まされる存在として、これ程強い味方は無いと断言出来る作品。

 

そして、厳しい現実を生きる人達の応援が役者さん達の協演をより魅力的にしていますよ。

 

日常の表裏を、見る側に共感させた役者陣です。

 

金沢みゆき(瀧内公美さん)

金沢修(光石研さん)

三浦秀明(高良健吾さん)

新田勇人(榎本時生さん)

山崎沙緒里(蓮佛美沙子さん)

あらゆる意味で、住み慣れたフィールドから挑戦した監督達です。

 

監督・原作:廣木隆一さん 自身初の小説を映画化し、あらゆる恋愛ステージを熟した技術はこの映画で集大成になっています。

脚本:加藤正人さん

主題歌:megさん・主題歌 「時の雨」

 

監督・博樹隆一さんの挑戦は並み大抵では無いなぁ。

 

自身の小説を初監督。

 

キャリアとして、映画では1983年からと超ベテランな監督さんだけどさ。

 

これは、ある年齢の男性陣側の意見にもなりそうかなと…。

 

「ピンキーな作品」

 

可愛く表現したつもりだけど…ウマい人はスイーツ表現で回避するテクを見せてますなぁ。

 

感心…。

 

してる場合じゃないんだけど、そんな男目線映画の先駆者が挑戦したと感じる”彼女の人生は間違いじゃない”はかなり苦戦してたのではないかなぁ。

 

だって、今までの期待する目線とは違うし…福島出身であるからこそのプレッシャーがあったはずだよね。

 

それは、他人の評価や地元を愛する意味も大きくあるけどさ。

 

「己への重圧!」

 

これが一番大変だったのではと思っておりますよ。

 

その要素には、世に送り出すタイミングと自身の心の切り替えがあったとも思いますよ。

 

「でも、自分の小説なら簡単じゃないのかな?」

 

こんな意見もお受けしながら…だからこそ重圧が増える原因でもあるんだよなぁ。

 

イメージが心地良く頭に浮かんだ文章は、皆に伝えたい映像として表現するにはかなり困難な作業になると思うし…。

 

一番は、ある意味で”キャリアゼロ”とリセットしなければ創る事は出来なかった気がするよ。

 

分かるかなぁ…。

 

かなり独断な意見に見えてるけどさ…地元愛・初挑戦・伝える責任は己の重圧にある要素なんだけどさ。

 

ここに大きなプラスとして…決めセリフと分かりやい映像じゃない見逃すと”無表情”にも感じる映像の大事さ!

 

これだと思うんだけどなぁ。

 

伝わらないかも…おじさんの力では!?

 

田舎と都会、何処にでもある風景と無い風景見て欲しいですね。

 

どうしても…伝えるべきテーマが重なる箇所があるけど…。

 

切り抜き的な感覚で伝えたい箇所となると…ある・ないの風景かなと感じますな。

 

先ず、福島で伝えたい想いは…ゼロ状態な不自然な自然。

 

一方、東京での伝えたい想いは…裏・夜な世界。

 

結構、両者共に知ったかぶりをする大人が多い印象も”あるない世界感”なんだけどさ。

 

それは、自身の少ない経験値であったり…メディア情報等の薄い氷山の一角だったりするよね。

 

「じゃあ全てを知れば良いのかな⤵」

 

これには即答…いいえで答えるおじさんなんだけどね。

 

でも、知ってて欲しい割合で言うとね…今の福島が99パーセントと裏な東京が1パーセントと思っているよ。

 

これは、撮影拠点がメインな場所でもある事は勿論だけど…。

 

人が築き上げて来た過去があるからこそ、都会のベースがある意味を示しておりますよ。

 

ゼロのままで、取り戻しにくいのは何故なんだろうか?

 

是非とも、互いのない風景を確認しながら感じて欲しい部分ではありますな。

 

でもね…元気な男性目線も言っておこうかな。

 

女優さんの体当たりな演技で話題。

 

このフレーズだけど…世の元気男性陣は気になるスイッチオンになるのは仕方ない定めでもあるんだよなぁ。

 

でも、作品への入り口は色々ある訳だから記憶に残せる目的にはアリではとも思うよ。

 

それに、監督さんの歴代作品を知る人達も大いに見てくれるチャンスも出るよね。

 

「あっ忘れてた⤵」

 

この声は…監督ファンの個々の思いでもある大切な声だし。

 

忘れてた=男としてと。

 

人として。

 

それ以上に…日本人としても含まれる大事なキッカケでもあるんだよなぁ。

 

恥ずかしながらな…忘れてたでも。

 

最後のメッセージが受け取れれば御の字ではと解釈しているおじさんですよ。

彼女の人生は間違いじゃない映画動画フルpandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun

デイリーモーション、daily、dairy、pandra、pideo、bilibili、rutubu、ようつべ、kissacfun、b9は削除済ですし、

スマホ(スマートフォン)、タブレットが壊れても自己責任になるのでご注意ください。