家族の旅路 動画 1話 youtube/Dailymotion

家族の旅路 動画 1話 youtube/Dailymotion

家族の旅路-家族を殺された男と殺したですがわざわざyoutubeやDailymotionを探さなくても

 

いいです

 

探すよりfodプレミアムに登録した方が早い時あります

 

家族の旅路動画1話VODサービス

FODプレミアム

FODプレミアムはフジテレビの作品を中心とした動画配信サービスです。

 

放送中のドラマやアニメのほか映画やバラエティ、スポーツ中継のほか、FODオリジナル番組なども多数配信されています。

 

また人気雑誌の最新号が無料で読み放題で楽しめます。

 

電子書籍やコミックなどもお読みいただけます。

 

ご利用できるデバイスはパソコン、タブレット、スマートフォンです。

 

月額料金888円(税別)で見放題コースがご利用できます。

 

FODプレミアムには31日間無料お試しがあります。

 

yahooIDで登録するするだけで、このサービスが受けられます。

 

FODプレミアムの公式サイトは下記です。

↓ ↓

 

 

 

家族の旅路の基本情報

 

家族の旅路視聴者の声

 
自分の実の両親を殺した容疑者の再審を担当する弁護士の話という、現実ではありえなさそうな設定ですが興味深いです。

弁護士とは自分の感情とは切り離したところにある正義の追求、依頼人の為にという利他の精神で取り組む仕事だと思います。

両親を殺したとされる男と対面していくときの、憎しみの感情と職業倫理との葛藤に主人公の浅利祐介どう折り合いをつけていくのかが気になります。

事件から明らかになる祐介自身に関わる事実とは何なのか、30年前まだ赤ん坊だった祐介に何があったのか、実の両親は何かを隠していたのか、それとも現在の両親が何かを隠しているのかなどが気になります。

もしどちらかの両親が何かを隠していたのなら、それは祐介の為を思ってだろうし、それを明るみにするのは良いことなのか、考えさせられそうです。不幸な事件がありながらも息子は弁護士になり、良い家族になっていたんだろう浅利家の未来はどうなっていくのか気になります。

また、容疑者の柳瀬にも家族があり、事件の後行方不明になっている息子がいるといいます。

柳瀬の家族は、きっと30年間薄暗い気持ちで生きてきたのでしょうが、真実によって救われていくのでしょうか。

頑なに無実を訴え続けているという背景から、柳瀬が犯人ではないような気がするのですが、彼は何を隠しているのか気になります。

ハッピーエンドになるのか、バッドエンドになるのか予想もつきませんが、真実と秘密は家族にとってどちらが重いかという点を見たいです。
 

家族の旅路公式あらすじ、キャスト

 

「柳瀬光三に会ってください。――あなたのご両親を殺した男です」
その女性の言葉に、若手弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)は凍りついた。

東京・下町にある法律事務所。祐介は、所長の澤田陽一郎(片岡鶴太郎)の下、忙しく働く毎日を送っていた。 ある日、事務所に河村礼菜(谷村美月)という女性が祐介を訪ねて来る。彼女はなぜか祐介の素性を知っていた。 実は、祐介の両親と祖父は30年前、柳瀬光三(遠藤憲一)という男に殺害され、赤ん坊だった祐介はその後、母親の姉夫婦に養子として育てられてきたのだった。裁判では、柳瀬は無実を訴えたが、 3度もの再審請求を棄却され、現在死刑囚として服役中の身となっていた。
祐介に対し礼菜は、驚くべき依頼をする。「あなたでなければできない仕事だから」

柳瀬は、末期がんで余命わずかな礼菜の母・河村あかね(横山めぐみ)の最初の夫だったという。 柳瀬との間には、事件を境に行方不明になっている光男という子どもがいて、礼菜は母のために光男の行方を捜したいと願っていた。 事件の生き残りである祐介なら柳瀬から真実を聞き出すことが出来るはず――それが礼菜の考えだった。 死刑囚への面会は、再審を担当する弁護人に限られる。礼菜が言っているのは、被害者遺族である祐介に柳瀬の再審弁護人に なってほしいということと同じであった。「冗談じゃない!」祐介は礼菜を追い返してしまう。

長年にわたり親の仇と信じていた男の弁護など出来るものか… 一度はそう思った祐介だったが、そんな彼に江戸っ子気質のベテラン弁護士・澤田は声をかける。 「だがな祐介、弁護士である以上、感情に流されて可能性をつぶすことは断じて許されねえぞ。それが親を殺した相手であってもだ」 その言葉に我に返る祐介。弁護士としての本分を思い出し、祐介は事件に向き合う決意をする。
祐介は、改めて礼菜に事件の話を聞く。初めて耳にする事件の犯人・柳瀬の背景。祐介の育ての母・由美子(いしのようこ)は、殺害された実母の姉だ。 事件を追うことは、本当の息子のように育ててくれた今の両親を苦しめることになりはしないか…その心は乱れるのだった。
ある日の、東京中央拘置所。そこに祐介の姿があった。 柳瀬の独房に、刑務官の声が響き渡る。
「柳瀬、面会だ」

出演者

浅利祐介: 滝沢秀明  ・  柳瀬光三: 遠藤憲一  澤田陽一郎: 片岡鶴太郎(特別出演)  河村礼菜: 谷村美月  河村あかね: 横山めぐみ  ・  浅利孝信: 益岡徹  浅利由美子: いしのようこ  桜井良太: 長谷川純(今回出演せず)  花木重彦: 目黒祐樹  ほか

スタッフ

原作
小杉健治「父と子の旅路」(双葉文庫)

 

家族の旅路動画1話Dailymotion/youtubeは

 

ドラマに関して記載します。ひとつは違法サイトで見られてしまうと、実際の番組の視聴率が落ちてしまいます。

視聴率が落ちるとスポンサーもつかず、新しいドラマが作られなくなったり、質が落ちたりして結果だんだんと面白い番組が作られなくなっていくと思います。

これは販売されるDVDの売り上げが下がることでも同じことが言えると思います。

これらのことで優秀な脚本家や俳優もテレビ界からはなれていってしまい、更に質がおちる。若者もそういう職業を目指さなくなる。といった負のスパイラルにおちいり、結果ドラマを見たかった人からするとデメリットとなります。

二つ目に違法サイトなのだからセキュリティに疑問を感じます。

ウィルス感染や、情報の漏洩が無いとは言えず、見た人にとってデメリット(の可能性)となります。

三つ目に違法なものを見ると言うことは、見た方も法に触れることになる可能性があると思います。

違法の風俗店にいた客も摘発されることがあるように、この件に関しても見た人が罪にとらわれることになるかもしれません。

軽い気持ちでサイトを見たことで社会的信頼を失い、人生に大きな影響を与えてしまうかもしれないというデメリットがあるかもしれません。これらが私が考えるデメリットです。