ルパンレンジャーVSパトレンジャー/auビデオパス公式!

ジュウオウジャー、キュウレンジャーときたので、もしかしたら次の戦隊ヒーローには、ハチという文字が入るのではないかと予想していましたが、全く違いました。

 

題名が長いことでも話題になっている新たな戦隊ヒーロー。

 

正義のアウトローとうたう、怪盗戦隊ルパンレンジャー。

 

対して、警察戦隊パトレンジャーは絶対のヒーローとのこと。

 

どちらを応援するという投げ掛けの言葉もありますが、どちらに人気が多く行くのかも始まってみての楽しみのひとつでもあります。

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャーの見逃し配信はauビデオパスでされます。

 

auビデオパスの公式は下記です。

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャー 初の試み

二つの戦隊ヒーローという初の試みがみどころになるのだと思います。

 

この題名を聞いて、ルパン三世を思い浮かべた人は多いのではないかと思います。

 

ルパンと銭形警部。

 

まさに怪盗VS警察。

 

このパトレンジャーも、ルパンレンジャーに出し抜かれてばかりだという設定もまた。

 

どちらかというと、ルパンレンジャーの方が一枚上手という感じなのではないかと思いますが、そこに食らいついていく真の正義のヒーローパトレンジャーにも頑張って欲しいです。

 

なんとなく、設定などをみると今のところは
ルパンレンジャーの方が人気がでそうな予感もするので。

 

お奨めVODサービス

ルパンレンジャーVSパトレンジャー 放送時間

 

テレビ朝日
2018年2月11日(日曜日)午前9:30~

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャー あらすじ

夜野魁利、宵町透真、早見初美花は、大快盗アルセーヌ・ルパンが集めた不思議な宝物“ルパンコレクション”を取り戻すため異世界犯罪者集団ギャングラーと戦う快盗戦隊ルパンレンジャー。

彼らの次のターゲットは、宝石を盗んだ後、店を炎で焼き払う連続宝石強盗犯ガラット・ナーゴが手にするコレクションだ。

一方、国際特別警察の朝加圭一郎、陽川咲也、明神つかさはギャングラーから人々を守り、ルパンコレクションを押収する任務を負っていたが、ルパンレンジャーに出し抜かれてばかりで…

テレビ朝日ホームページより引用

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャーへの期待

レッドが二人という図式は、その前のキュウレンジャーでもありました。

 

追加戦士がレッドだったからで、ダブルエースとも言える熱い関係になっていきました。

 

しかし今回は、怪盗と警察という真逆の戦隊でのそれぞれのレッド。

 

それぞれのリーダーがどんな関係を築いていくのかに期待したいです。

 

ライバル関係ということで、切磋琢磨してそれぞれの目的のために強さも磨いていくのではないかと思っています。

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャー ストーリー予想


大怪盗アルセーヌ・ルパンが集めたという、ルパンコレクションをめぐるストーリーになっているそうです。

 

その不思議な宝物というのが物語の鍵を握ることになりそうですね。

 

もしかしたら、物語が進むにつれて実はアルセーヌ・ルパンが生きていたとか
重要なメッセージを残していたなどの秘密が隠れていたりしないかと予想しています。

 

アルセーヌ・ルパンとは何者で、宝物にはどんな力が隠されているのかにも注目したいですね。

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャーのキャスト

ルパンレッド/夜野魁利(やの・かいり)役
伊藤あさひ(いとう・あさひ)

大胆不敵なルパンレッド/夜野魁利を演じる伊藤あさひさんは、2000年生まれの17歳。

「2000年代生まれのレッドは初なので、作品としてもいいスタートを切れるように頑張っていきたい。

史上初のW戦隊が、どんなVS劇を繰り広げて、ギャングラー(共通の敵)をどう倒していくのか、ぜひお楽しみに」と意気込みを。

また、ルパンレッド役決定の報告を受けた時を振り返り「憧れてきたヒーローになれることがうれしかったんですが、レッドだとは思ってなくて」と喜びと驚きを。

本作には2人のレッドがいるため「(結木さんと)2人、協力して引っ張っていこうと話をしています」と、役の上では対立しながらも、撮影現場では仲がいいことを明かしました。

劇中に登場する宝物“ルパンコレクション”にちなみ、絶対に渡せない“自分だけのお宝”も発表。

伊藤さんは「愛犬」をあげ、シーズー犬の女の子“空(くう)ちゃん”の話を。

「撮影中に写真を見ながらみんなに聞こえるように「かわいいな~」ってつぶやいて「何?」って言ってくれるのを待ってます。

みんなに見せたくて(笑)」とデレデレの様子。さらに、“手に入れたい宝物”は、「学生なので、台本を覚えたり勉強するために、瞬間暗記能力が欲しい」とのこと。

 

ルパンブルー/宵町透真(よいまち・とおま)役
濱 正悟(はま・しょうご)

クールなルパンブルー/宵町透真を演じる濱 正悟さんは、「1週間待ち遠しくてたまらない最高の作品になるよう精進していきたいと思います」と。

「これに受からなかったら辞めるくらいの覚悟でオーディションを受けた」という濱さんは、オーディションの帰り道でルパンブルー役決定の報告を受け、そのままマネージャーさんと寿司屋に向かい祝勝会をやったそう。

ちなみに、好きなネタは 「ヒカリもの」とのこと。

また、ルパンレンジャーの中で唯一20代の濱さんは、「アクションをやると、すぐ筋肉痛がくる。次の日ロボットみたいな歩き方になってて。体のケアをしながら頑張ってます」と苦労話も。

絶対に渡せない“自分だけのお宝”は「声」。

「“いい声だね”と、どこにいってもこれだけは褒められる。

母親に感謝」と。“手に入れたい宝物”は「眠らなくていい体」。

「寝るのが大好きで、日々眠い。やりたいことや、見たいドラマや映画がたまっていて。

一生起きていたいです」というと、温水さんから「眠るの楽しいよ」との声が。

 

ルパンイエロー/早見初美花(はやみ・うみか)役
工藤 遥(くどう・はるか)

妹系おしゃれガールのルパンイエロー/早見初美花を演じるのは、昨年12月にモーニング娘。

’17を卒業した工藤 遥さん。

「この作品が女優としてのデビュー作になります。

いつまでもたくさんの方に愛される作品になればいいな」と元気な声を。

13歳の頃、先輩の真野恵里菜さんに「スーパー戦隊が好きなので、いつかやりたい」と話した時に「5年後くらいにできるんじゃない」と言われたというエピソードを明かし、まさに5年後に今回の出演が決まり 「予言者だったのかな」と驚きを。

不思議な体験もあいまって「これは偶然じゃなくて必然で、私にしかできない役なんだと自信をもって頑張ろうと誓いました」と気合いを。

アクションに関しては「今までダンスをやっていたので自信があります。

私が一発OK決めると、何度も時間をかけた伊藤くんがすごく悔しそうな顔して。

すでにこの中でもバチバチ感がありながら、アクションにも取り組んでます」と。

絶対に渡せない“自分だけのお宝”は、「優等生的ですかね」と口にしながら「この作品」と回答。「デビュー作がこれでよかった。

一生の宝に今後なっていくと思います」と。

“手に入れたい宝物”は、監督から「今回のルパンは『ルパン三世』とちがって不二子ちゃんがいないルパンだから」と言われたことから 「色気」が欲しいとのことでした。

 

パトレン1号/朝加圭一郎(あさか・けいいちろう)役
結木滉星(ゆうき・こうせい)

熱血ドまじめなパトレン1号/朝加圭一郎を演じる結木滉星さんは、「僕も小さい頃からスーパー戦隊にたくさんの元気や勇気をもらってきたので、今度は僕たち6人が今の子供たちに元気や勇気を与えられる存在になりたい」と意気込みを。

パトレン1号役の決定報告の際、普段はしない“打ち合わせ”で事務所に呼ばれ、書類を渡されたそうで、「クビきられるんじゃないかなと思って」とドキドキしたという結木さん。

うれしい報告に 「ほっとしたと同時に、これから子供たちのヒーローになるという責任感が増しました」とその時の心境を明かしました。

また、ルパンレンジャーとは「作品の中ではライバル関係ですが、ひとつの作品を制作していく上では6人仲が良くて」と、撮影の合間にみんなで「お絵かき伝言ゲーム」をしているという話題を。

ところが共演者から「一番絵が下手なんですよ」(伊藤)、「自信満々で、(下手な)自覚がないのが面白い」(横山)と暴露され、会場が笑いに包まれました。

絶対に渡せない“自分だけのお宝”は、「家族」。

「この仕事が続けられるのは家族の支えのおかげ。

この仕事で輝いている姿をもっと見せられるよう頑張らなきゃなと思いました」と感動的なコメントを。

“手に入れたい宝物”は、「朝が弱いので。この能力があれば現場にすぐ行ける」と 「瞬間移動の能力」を。

 

パトレン2号/陽川咲也(ひかわ・さくや)役
横山 涼(よこやま・りょう)

明るくすなおなパトレン2号/陽川咲也を演じる横山 涼さんは、「陽川咲也という役の魅力をめいっぱい出して、親しみやすいヒーローになれるよう精いっぱい頑張ります」と。

パトレン2号役決定の報告を受けた時は実感がわかなかったものの、次第に「ヒーローになれるんだという喜びとともに、ちゃんとヒーローにならなきゃという実感や、“警察”戦隊として絶対的な正義を子供たちに示さなきゃいけないという責任感も沸いて、その気持ちで撮影に取り組んでいます」と熱いコメントを。

また、撮影中、奥山さん演じるつかさに頬を叩かれるシーンで、「もうちょっと強く叩いていいですよって言ったら、次から本気でバーンと叩かれて」というエピソードを告白。

奥山さんは、「信頼してるからこそ真剣に演技ができる」とコメントし、チームワークのよさを証明しました。

絶対に渡せない“自分だけのお宝”は「仕事」をあげ、「今までやってきた仕事が今に繋がっている。

僕がやった役は僕しかやったことのない役なので、僕の中では宝物です」と。

“手に入れたい宝物”は、「世界の人と話せる能力」を。

 

パトレン3号/明神つかさ(みょうじん・つかさ)役
奥山かずさ(おくやま・かずさ)

サバサバ系のパトレン3号/明神つかさを演じる奥山かずささんは、「みなさんに愛され、かっこいいと思っていただけるようなヒロインになれるよう頑張りたいです」と。

警察戦隊役には運命を感じているそうで、「父が警察をしていたので、子供の頃なりたいと思ってた警察と、大人になってからの夢の女優、2つの夢を一気に叶えたようで幸せです」とニッコリ。警察を演じる上で、 「わからないことは父にも聞いてアドバイスをあおぎたい」と頼もしい言葉を。

絶対に渡せない“自分だけのお宝”は、「親友がくれたプレゼントの絵」。

上京する時にもらったそうで「この絵を見ると元気が出る」と。

“手に入れたい宝物”は、「最強レベルの運動神経」。

「アクションが難しくて、軽やかに動いている5人についていきたいので」とアクションにかける思いを

 

コグレ役
温水洋一(ぬくみず・よういち)

謎の執事コグレを演じる温水洋一さんは、「昔から謎とか秘密が大好きで、今回は“謎の執事”役で謎だらけ。

日曜日の朝の顔になれるように頑張ります」と。

「子供の頃になりたかったけどなれなかったヒーローに、大人になって関わることができてうれしいです」という温水さんは、最初は「仮面ライダー」にはまり、小5の時にスタートした『秘密戦隊ゴレンジャー』では「ヒーローが5人もいるのかと衝撃でした」とヒーローの思い出を。ヒーローごっこでアカレンジャー、アオレンジャーなど役を取り合って遊んだそうで、「僕は結局キレンジャーでしたね」と温水さん。

「僕はレッドでセンターをとりたいとか、僕はグリーンが好きとか、それぞれの性格やなりたいものが出やすい。

今回も6人のうち僕だったらこの色がいいと、憧れの存在になるんじゃないでしょうか」と本作への期待を。

また、“手に入れたい宝物”は、「若さですかね」と答え、「いろんなところがガタついてきて。

髪の毛もいつまでもつか…」とコメントし、会場を笑わせました。

テレビ朝日ホームページより引用

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャーの見逃し配信ができるVOD

 

 

 

auビデオパスで快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーが配信されます。

 

ビデオパスは映画やドラマ、アニメを中心とした動画配信サービスです。

 

月額562円で人気のドラマ、映画やアニメが見放題で視聴できます。

 

毎月1本、追加料金なしで新作がレンタルできます。

 

ご利用になれるデバイスは、テレビ、パソコン、タブレット、スマホです。

 

このサービスを30日間無料でお試しできます。

 

auビデオパスの公式は下記です。

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

ルパンレンジャーVSパトレンジャー 注目キャスト

 

キャストも例年より遅い発表で、ますます注目を集めた気がします。

 

そんなキャスティングの中でも特に話題になったのはやはり工藤さんだったのではないかと感じました。

 

モーニング娘としての活躍もあり、知名度もありましたしね。

 

どぅーファンにとってこれは見逃せない作品になるでしょうね。

 

そして題名が長いので、どんな略しかたになるのかもひそかに注目していましたが、やはりルパパトになる気がしています。