ルパパト 動画 3話無料視聴9tsu/pideo、bilibili、rutubu

ルパパト 動画 3話無料視聴9tsu/pideo、bilibili、rutubu

 

 

ルパパト 動画

ルパパト 動画 3話 の見逃し配信はauビデオパスで配信されます

 

auビデオパスの公式は下記です。

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

ルパパト 動画 3話無料視聴9tsu/pideo、bilibili、rutubu

正直に言うと、違法でもなんでも、見たいものを無料で見せてくれるのはありがたいです。でも、視聴者側も供給側も欲するがまま、フリーにやりすぎたらどういうしっぺ返しをくらうか、ということだと思います。①正当なギャラがクリエーターに支払われない。まともに収入にならないものを一生懸命する人はいなくなります。だから、最終的には違法に供給するためのコンテンツも質が落ちて、違法サイトも共倒れになる、と予想します。②最低限の規制すら入らない。YouTubeのような規模が大きいサイトは社会的影響も大きいため、倫理的に疑問符がつくものを規制せざるを得ません。規制の是非や範囲については、ここでは論じませんが、映像の世界における最低限のモラルを守る役割は果たしていると思います。しかし、違法サイトにはそれを望むべくもないと思われます。名作といわれる作品も、公然とは流せないような映像と十把ひとからげになり、映像という文化自体が下流化するかもしれない、と予想します。③うつになりそう。違法サイトについて、上記のようなことを考えてしまう私のような人は、今この瞬間も、YouTubeなどに投稿された動画などを見ながら、「でも、違法アップロードだよなー……ホントは良くないんだなー……」と良心の呵責に悶々としているはずです。そういうことが続けば、うつの遠い原因にもなるかもしれない、と予想します。④社会的モラルが下がりそう。逆に、良心がとがめない人は、無料ならなんでもアリになってしまい、生活の様々な面でもモラルのたがが外れてしまうのではないか、と予想します。まとめると、映画等を違法サイトで視聴することが横行することによって、映像にかかわるメディアも文化も廃れ、社会的にも悪影響を与える可能性がある、ということになります。以上です。

ルパパトネタバレ

 

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー。3人組の戦隊が互いに戦うという設定です。子供番組に「快盗」はどうなんだ、という声も我々の家族内で話題になっています。放送を見てみたところ、「盗んでいる」のではなく、「(盗まれたものを)取り返しているだけ」とルパンレンジャーの黄色が言っていました。きっとセーフなのでしょう。各家庭できちんと「悪い泥棒さんではないんだよ」と子供に伝えてあげられればいいのだと思います。正義のアウトローとキャッチフレーズにありますし。初回放送はルパンレンジャーに焦点が当たったストーリーでした。アルセーヌ・ルパンのお宝「ルパンコレクション」をギャングラーから取り返す、というのが彼らパトレンジャーの使命のようです。使命がある分、こちらの戦隊のほうがメインと考えていいのでしょうか。番組の雰囲気も、ルパン押ししたいけど教育的にパトをねじ込んだようにも見えます。ルパンレンジャーの3人の名前「かいり」「とおま」「うみか」頭文字をとると「かいとう」、パトレンジャーの3人は「けいいちろう」「さくや」「つかさ」で「けいさつ」。これ以上仲間は増えないと考えていいのでしょう。いずれにしても、二組のレンジャーという新しい設定のうえ、始まったばかりですのでまだまだ先が読めません。どう展開していくのか楽しみです。