ファイナルカット ドラマ動画 3話fod無料視聴ネタバレ

ファイナルカット(final cut )の第3話見逃したため無料視聴サイトFODで動画視聴しました

ネタバレを書きますので楽しみにしている方はご注意くださいね

さすがに同じ職場で3人も狙われたらおかしいと思って今後警戒してこないかなと思いました。

いくら自分に脅されるような弱みがあるとはいえ当事者同士でポロっとしゃべっちゃうことだってあるし、だんだん変な噂がたってもおかしくないと思います。

でも井出プロデューサーは全然懲りてない感じだし、普段と何ら変わらないのが不思議でなりません

 

 

ファイナルカットですが関西テレビで放送されるため、フジテレビオンデマンド(FOD)だけかとおもいます

確かにFODプレミアムに入会が一番お得かとは思いますが

その他のVOD(ビデオオンデマンドサービスで動画配信が楽しめます

まずは有名なFODプレミアムですが、yahooidで入会すると月額費が0円になるうえに

プラスで最新映画や漫画、コミックにも使える1200ポイントが付与されます

詳しいことは、下記がFODプレミアムになります

 

31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 


その他はauビデオパスの一カ月間の無料お試しキャンペーンで無料視聴・見逃し配信(再放送)できます

ダウンロード(dl)再生や高画質streamin再生が売りです

 

auビデオパ公式サイトは、下記にになります

 

au公式/ビデオパス‎ 初回30日間無料

 

 

ファイナルカット動画3話をfod視聴したネタバレ

 

今回はネットの中で神と讃えられ、社会的制裁をして悦に浸るという話があり、ちょっと間違ったら誰もが悪意を持つ持たないに関わらず知らず知らずおかしていそうな話で怖かったです。

いったん情報が出たらとめることなどできず、情報拡散すれば人なんて簡単に葬れると言っていました。

生徒たちが先生をおとしめるためにわざと怒らせてその音や映像が簡単に録画でき、広めることができるなんてどうやって自分や家族の身を守ったらいいのかと思います。怒った方が負け、手を出した方が負けという単純な問題ではなくなってきているような気がします。

本当に生徒たちを守る方法は先生が責任をとって悪者になったまま辞めることだったのか、納得できませんでした。

でも、だからといってどんな方法があったのか考えてもすぐには思いつかないのが悲しいです。

「てぇへんだ!」

 

ファイナルカットは主役を亀梨和也が演じていますが、実は脇を固める俳優さんがかなり豪華になっています。

藤木直人、佐々木蔵之介、杉本哲太、升毅とここまで書いただけで大河ドラマができそうなキャスティングです。

他にも水野美紀や林遣都、栗山千明、橋本環奈などドラマ何本分?と思うくらい豪華キャストなのですが、中でも印象的なキャスティングはワイドショーのキャスターを務める藤木直人です。

藤木さんと言うと、スーツも似合いますし、キャスター役って今までなかったっけ?と思うくらいしっくり来ているのですが、このキャスターが曲者で初回から生放送で突然『愛の讃歌』を熱唱したり、「てぇへんだ!てぇへんだ!」と江戸時代の瓦版売りの真似をし始めたりと、どちらも真面目なシーンなのですが意表を突かれるキャラなのです。

正直、初回で初回で印象に残ったのが骨折した亀梨くんのトレーニングシーンよりも瓦版でしたし、次回からもどこで「てぇへんだ!」って言うのか期待しながら見ました。出て来ませんでしたけど。

このドラマはメディアの行き過ぎた取材や情報操作について描かれた復習劇なのですが、今までのところ、この藤木さんの役が悪なのか善なのかわからないところもいいです。

真面目で頭も切れるキャスターで行き過ぎた取材をするスタッフを怒鳴る反面、警察に裏から手を回してるような描写もあり、今後はこの頭脳派で完璧主義なキャスターが物語にどのように絡んでくるのか、はたまた、「てぇへんだ!」以上の台詞が出るのか気になって仕方ありません。

 

3話の注目キャスト亀梨さん

主役である慶介君役の亀梨君が役どころにピッタリはまっていると思います。

今までのドラマでも、暗い過去を持つ、重たい人生の宿命を背負っている等の役をやることが多かったと思います。

このドラマの主人公もワイドショーにより母親を殺人犯人呼ばわりされたため、母親が自殺してしまい、そのワイドショーのスタッフ一人一人に復讐を果たしていく、というストーリーですが、亀梨君の(すごく格好いい顔ではありますが)いつもどこか暗さが漂う雰囲気がこのドラマにピッタリはまっていると思います。

このドラマの決め台詞である「これがあなたのFinalCutです」は亀梨君でなければ中々決まらないかな、と思います。FinalCutのように巨悪に一人で立ち向かうストーリーは基本的に好きです。

今のところ、慶介君の復讐劇は成功裏に進んでいますが、どこかで番組側の反逆に会うと思いますが、母親の敵を討って欲しいですね。

しかしこのようなドラマを見ると、実際テレビ番組を作っている人がこういうドラマを作っている訳ですが、本当にこういう偏った番組を作成してしまっているジレンマを感じているのかな、つまり、本当にこういう意図的な番組作成が行われている場合もあるのかと思うとゾッとします。