パワーレンジャー 動画 映画 続編 2017無料は宅配tsutayaにビデオマーケット

パワーレンジャー 動画 映画 続編 2017無料は宅配tsutayaにビデオマーケット

 

日本の戦隊ヒーローシリーズも、40周年を越えて、長く愛され続けている事を強く感じさせてくれました。

自分達が子供の頃に観ていた物が時代が変わってその時代に合わせての変化も持たせつつ、今は自分の子供が夢中になっている事は凄いことだと思います。

パワーレンジャーはそんな日本の戦隊ヒーローをもとにリメイクされた作品。

戦隊ヒーローのリメイクは大成功して話題になり、視聴率がすごかっただけでなく、オモチャも売り切れたりという話も出ていましたが
映画になって、再び人々を魅了してくれるというのは嬉しい事ですね。

パワーレンジャーですが、dvdレンタルができない時や

 

自宅で今すぐ見たい方はビデオオンデマンドvodサービスを利用すればいいと思います

 

パワーレンジャーが見えるサービスですが

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカス

ビデオマーケット

 

があります

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスですが、一カ月間の無料お試しキャンペーンしています

概要は、レンタル8枚+準新作、旧作が借り放題です

動画配信ポイントも1080ポイントもらえます

 

 


ビデオマーケットは、月額540円で一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて作品数も19万本

最新話も無料です

とくに映画でもどこにもないb9作品や(パワーレンジャーはb9ではないですが・・)

バラエティギャンブルに強いですね

ビデオマーケット公式は下記です

 

 

ここからは、パワーレンジャーについて書いていきます

パワーレンジャー予告

 

 

パワーレンジャー動画 映画の評価

 

見どころ

もともとは日本の戦隊ヒーローとはいってるけれど、ハリウッド映画というだけあり、何といってもかけるお金などは桁外れ。

CG技術なども、豪華な感じがします。がっちりめの筋肉のヒーローというのも、海外作品という感じがしました。

 

 

アメコミやハリウッドのヒーローを観てみるとやはり強そうな体つきですもんね。

 

 

日本のヒーローは細マッチョが多い気がします。女性っぽい可愛い顔が結構いたり。

 

ストーリーの構成などを考えても、日本の戦隊ヒーローとは違う箇所はもちろん沢山。

 

そんな違いを楽しんでみるのも良いですね。

パワーレンジャー動画 映画に対する期待

 

 

戦隊ヒーローといえば、正義の味方が悪を倒すというもの。

 

 

仲間と力を合わることの大切さや、強い相手でも諦めないというのが醍醐味。そこに期待していました。

 

そういう点で、ヒーローになることになった主人公達はその役割を果たしてくれました。

 

期待していたよりも、変身してからのアクションなどがずっと少なかったのですが、
仲間を思いやる気持ちの大切さや頑張る姿はヒーロー物というよりも青春映画を思わせます。

 

そこら辺でちょっと泣きそうにもなりました。
それぞれのキャラクターを掘り下げて描こうとする姿勢も伝わりました。

 

 

パワーレンジャー映画キャスト達です。

 

 

ジェイソン・スコット/レッド・レンジャー(デイカー・モンゴメリーさん)

ザック/ブラック・レンジャー(ルディ・リンさん)

ビリー・クランストン/ブルー・レンジャー(RJ・サイラーさん)

トリニー/イエロー・レンジャー(ベッキー・Gさん)

キンバリ・ハート/ピンク・レンジャー(ナオミ・スコットさん)

リタ・レパルサ(エリザベス・バンクスさん)

ゾードン(ブライアン・クランストンさん)

アルファ5(ビル・ベイダ―さん)

サムスコット/ジェイソンの父(デヴィッド・デンマンさん)

ビバリー・スコット/ジェイソンの母(キャロライン・ケープさん)

パール・スコット/ジェイソンの妹(ケイデン・マグスナンさん)

テッド・ハート/キンバリーの父(ロバート・モロニ―さん)

マッディ・ハート/キンバリーの母(アンジャリ・ジェイさん)

トリニーの父(パトリック・サボンギさん)

ジューン/トリニーの母(エリカ・セラさん)

ザックの母(フィオナ―・フーさん)

キャンディス・クランストン/ビリーの母(リサ・ベリーさん)

アマンダ・クラーク(サラ・グレイさん)

レベッカ(エミリー・マディソンさん)

コルト・ウォレス(ウェスレイ・マッキネスさん)

補習クラスの先生(ジョン・スチュアートさん)

ダモ(マット・シヴリーさん)

ゴールダ―/パティ―(フレッド・タタショアさん)

先代イエローレンジャー(フィオナ・ヴルームさん)

グリーンレンジャー(シャロン・シムズさん)

カメオ出演(ジェイソン・デビッド・フランクさん)

パワーレンジャー動画映画スタッフ。

監督:ティーン・イズラライトさん

 

脚本:マックス・ランディスさん・ジョンゲイティンズさん・マット・サザマさん・パーク・シャープレスさん・アシュリー・エドワード・ミラーさん・ザック・ステンツさん

 

原作:ハイム・サバンさん・東映

 

制作:ハイム・サバンさん・ブライアン・カセンティーニーさん・マーティ・ボーウェンさん・ウィク・ゴッドフリーさん

 

パワーレンジャーの動画映画 にキャストついて

出演者だけでなく話題やネタでもかまいません。

変身することになる若者達は、それぞれが日常ではヒーローとは遠く
くすぶる気持ちを持つような日々。

そこがまた映画を面白くしていると感じました。

非日常的な、ヒーローになって悪と戦うという目的を持つことになり
彼らは大きく成長することになります。

 

敵を倒して世界を平和に導いて、英雄になれたわけですが

それでも変身前の正体は秘密にする展開がみそ。

あんな凄いことをして世界を守ったのは自分だと言いたくなるのが当たり前。

 

戦隊ヒーローといえば、ヒーローになることもわりとすんなり受け入れる展開が多いですが
そこら辺も丁寧に描くことでより人間らしく身近に感じられたかもしれません。

 

パワーレンジャー動画 映画に対する期待・感想など

 

戦隊ヒーローにがっつりはまってる未就学児の我が子は、パワーレンジャーのコマーシャルを観て面白そうだと興奮していました。
しかし、小さい子ども向けというわけではないなと感じました。

というのも、変身するまでの時間が長いからです。

 

変身して悪い敵をズバズバカッコ良く倒して戦うのを子供が期待するのです。

この映画、パワーレンジャーにおいて、
変身を出来るようになる事こそがカギとも言えます。

 

五人が変身出来るようになるための頑張りだとか、だからこそ芽生えた五人の絆。

 

そういうものが強さにもなるわけで。

 

主人公達の年代の子とか、大人が観て楽しめる映画だとも思いました。

 

変身後からなら小さい子も喜んで観そうな気がします。迫力もあります。

 

パワーレンジャー動画 映画のまとめ

日本の戦隊ヒーローとは別物として考えて観てみるのが良いのかもしれませんね。

 

国によって、うける流れとかストーリーは違ったりするわけでハリウッドが全世界に向けて作った物。

 

戦隊ヒーローといえば、こうするのが鉄板なのにという概念を持ち過ぎると思ってたのと違うと感じてしまう可能性もある気がしました。

 

比べてしまうのは間違いかもしれませんが、これはこれで、アリと思いました。というか、そこがまた面白かったし、楽しめたと感じました。