トリガール 映画 動画 無料フル視聴!dvdレンタル出来ない時に見る方法

トリガール 映画 動画 無料視聴!dvdレンタル出来ない時に見る方法

 

ここだ、人生の引き金を引くのは⤴」

トリガ―ルを見て、直観したイメージがあったけど。

これを、感じる人はいるのでは無いかなと思うよ。

それにしても、大空を羽ばたく鳥はいつから飛べるんだろうか?

後押しする親鳥のおかげかも知れんしさ…。

もしかすると…妖精が教えてくれているのかも知れんしなぁ。

どちらにしても、勇気って引き金を引くのは…最後は自分自身なんだよね。

トリガールの動画の情報です

 

 

トリガールは、TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスで動画配信されます

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスのシステムは一カ月間の無料お試しキャンペーンで動画ポイント1080ポイントに

 

さらにレンタル8枚+準新作、旧作が借り放題です

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスは、下記です

 

↓ ↓

 

 

 

さらにauビデオパスでも一カ月間の無料お試しキャンペーンしているためトリガールは配信されています

 

auビデオパス公式は、下記です

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

さらに国内最大ビデオマーケットも配信しています

 

 

トリガール映画動画フル予告

 

 

トリガール最新映画動画フルでお得なVOD

 

yahooID入会者のみですが一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて月額888円見放題が0円で

さらに入会で1300ポイントもれます

放映中最新ドラマしかないようにみえてFODプレミアムで動画配信を見るのがお得です

FODプレミアム公式サイトは下記です

 

 

トリガール映画動画フルあらすじ・キャスト・見どころなど!

 

日常な青春でも、当てはめやすいキャスティングが好感持てますね。

高校時代や、大学時代にはキャスティングされたイメージの子達は何故か存在していましたね。

 

いつも強気だけど、弱点もある人。

 

ほんわかしてるけど、ここぞの意見が重くてあり難い子。

 

真剣に生きてて、常に先を見抜いていた天才肌。

 

おちゃらけ全開で、周りの雰囲気を盛り上げるタイプ。

 

そして、どう生きていけば良いか現状保留な子。

 

いかにも、特殊な学生達にも感じるトリガ―ルには懐かしさと今が共存した魅力があります。

 

「私はどの子なんだろう?」

こんな疑問から、トリガ―ルを見ても楽しめると思いますね。

 

それに、あの時の行動を変えておくべきだったと反省してもOKです。

 

勿論、今を変えるチャンスとしても良いんですよ。

 

是非皆さんが、羽ばたくタイミングは今でも決して遅くないと気が付きます様に。

 

乗せられ飛ばされ青春を羽ばたく若者達です。

流されっぱなしな人生を送った来た鳥山ゆきな(土屋太鳳さん)は、大学入学早々に先輩である高橋圭(高杉真宙さん)に一目惚れしてしまいます。

更には、圭が所属する人力飛行サークルに誘われ何も考えずに入部を決意するゆきな。

 

しかも、チームの要になる”パイロット”と言う体力と判断力が必要な班に決まります。

「イイ体してるね⤴」

圭が放った一言で、かなり勘違いから始まったパイロットへの道。

 

そして、予期せぬ大きなトラブルを迎えながらも仲間との友情と絆を乗せて羽ばたこうとして行くのでした。

 

鳥人間コンテストって、ただ落ちるだけの人が良かったよ~。

飛び過ぎ⤴。

 

大会当初を知ってるおじさんには…今の飛行距離はバケモノに感じておりますぞ。

 

琵琶湖の端が見えてる凄さ!

 

勿論、プロペラ機部門が出現してからの飛躍的距離にはなるんだけどさ。

 

それでも、トリガ―ルで見せている”運動能力を磨く事”をしないと絶対に無理は話ではあるよね。

 

そんな大会で…ただ落ちる人が懐かしく愛おしいんだよなぁ。

 

「飛べない鳥!」

では無くて…飛ぶ気がない”落ちたいトリ”が大好きだったよ。

 

今考えれば…飛ぶ気でいる人よりも勇気が必要な落ちたいトリさん。

 

番組や仲間を盛り上げるとは言え…なんも無いバンジー状態は凄いと思うよなぁ。

 

恐るべし素人鳥…。

でも、真似しちゃあかんぞ⤴。

 

トリガール動画のキャスト

&

誰もが経験出来ない、青春を楽しむ役者さん達です。

鳥山ゆきな(土屋太鳳さん)

坂場大志(間宮祥太郎さん)

高橋圭(高杉真宙さん)

島村和美(池田エライザさん)

古沢(矢本悠馬さん)

横原(前原滉さん)

メガネ女子(佐生雪さん)

アナウンサー(羽鳥慎一さん)

ペラ夫(ナダルさん)

二郎似の住職(轟二郎さん)

ひこにゃん(?)

制作スタッフ

全員が羽ばたいた瞬間を作り上げた監督さん達です。

監督:英努さん 新たな変身願望を実現させたハンサム★スーツで、今までの固定概念を吹き飛ばした監督さんです。

脚本:高橋泉さん

音楽:遠藤浩二さん

原作:中村航さん

音楽:NEGOTO(ねごとさん)

トリガール動画の評価

 

触れてる人はいるみたいだけど…ギャップあり過ぎやなぁ。

トリガ―ルには…居ないと困る轟二郎さん。

 

インターネットで検索すれば、ある程度の意味は分かるとは思うんだけどさ。

 

それでも、20代の子達には”知らないおじさん”の可能性が高いぞ。

 

そこで、トリガ―ル公式サイト情報で調べてもらうと…。

 

「びっくり日本新記録?」

 

更に分からず…引き寄せられる様に検索続行しますとね。

 

鳥人間コンテストの原型であり、今定番であるのスポーツ番組の基盤となっている事に気づくはずかなぁ。

 

おじさん的に番組を思い起こせば…素人さんが結構ムチャしてたけど”誰もがなれる日本一”のフレーズは響いてたよな。

 

そして、本題に帰るけど。

番組内で、チャレンジボーイとして活躍していたのが”轟二郎”さんでしたな。

 

当時、見た目は普通体形で運動神経も並みに感じてたけどさ。

 

偶に、凄いポテンシャル見せてくれた轟二郎さん。

 

「すっげー⤴」

 

思わず興奮してた…幼少時代を思い出せて嬉しいですな。

 

おじさん世代には、永遠のチャレンジボーイの二郎さんなんだよ。

 

若い鳥達には、まだまだ負けてませんぞ⤴。

 

映画内では、役名が適当な方が後々個性が爆発するよね。

 

最近の映画は…役名を適当な感じにしてるイメージがあるよなぁ。

例えば、古沢・横原。

ここまでは、まだ許容範囲と感じとりますが…。

ペラ夫・メガネ女子・アナウンサー…。

「これって、名前が無いぞ⤵」

人の名前には厳しい時代を知るおじさん世代には…役者さんに失礼だと思っていたんだけどさ…。

どうも、この流れは役者さんの”飛躍への軽快なステップ”と気が付きましたなぁ。

「見た見た、メガネ女子⤴」

「いそうな雰囲気だけど…キレイじゃない?」

確かに、言いやすい・調べやすいと導線が綺麗に見える効果が高い手法になってるんだね。

特に…調べやすいは大事な事だからさ⤴。

昭和世代では理解しにくかった名前の由来。

ここから、新たに羽ばたく俳優さんが出てるのは間違いないしね。”