ゲド戦記 動画 映画無料視聴TSUTAYADISCAS TV

ゲド戦記 動画 映画無料視聴TSUTAYADISCAS TV

 

原作の壮大な長編ファンタジーの中の一部をアニメ化してあり、そのバックボーンを知らないまま見ても楽しめますが、いくつかのクエスチョンを抱いたままアニメは終わります。

ネタバレ感想なので書きますが、突然竜が現れるタイミング良いですがその意味がクエスチョンです。

アニメでの主人公の少年が「ゲド」ではなく、その師匠のような協力者的なおじさんがゲドです。

 

ゲド戦記ですが、宅配レンタルのTSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスで楽しめます

 

放映中最新ドラマなどは、自宅にて、放送後すぐに見れるtsutayaの動画配信サービスが便利です。

 

レンタル8枚+旧作借り放題+入会時や毎月1080ポイント付与されます

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカス公式サイトは下記です

 

↓ ↓

 

 

 

ゲド戦記動画映画ネタバレ

 
つまり、そのおじさんが原作の長編ファンタジーを通しての主人公であり、原作の後半部分をスタジオジブリの味付けでアニメ化しています。

何かそのジブリ風のゲド戦記が、原作者側とスタジオジブリの間でゴタついたような話を聞きます。

また、主人公の少年の中で正義と悪の二面性が戦います。

漫画やドラマでよくある心の中の天使と悪魔の葛藤のようなもののイメージですが、なんか実体化して二人になっています。

その影響なのかどうかわからないのが、主人公が父親を刺した理由もよくわかりません。

父親は王様ですが、いわゆる悪王ではなく、賢い王のように描かれています。その王を刺した理由を主人公が語るシーンもありますが理解できませんでした。

ラスボスの「クモ」は比較的わかりやすかったですね。「永遠の命を欲している悪い魔法使い」というドストレートな悪者です。

主人公側にも敵対組織にも双方に戦う理由があるようなアニメやドラマでは、敵対する組織にも影のあるタイプのイケメンがいたりしてファンの意見が分かれますが、このアニメでは悪人側はラスボスも手下もみんなわかりやすい悪者です。

それに反して、主人公側がわかりやすい正義ではないところが話を難しくしています。最終的に悪は滅ぶストーリーなので良いのですが、最大の疑問はやはりあの竜は何?そして少女との関係は?何かしらの竜の化身みたいな感じ?でも、なんか最後に2頭の竜が飛んでいくシーンの竜との関係は?もう、単体の映画の枠では描き切れない長編ファンタジーをギュッと圧縮しすぎて、ちょっと解消されない気持ちがあります。詰め込みすぎて崩壊ですね。ナウシカやトトロやラピュタ、紅の豚、魔女の宅急便などを見た後のいい気持ち感は本作では味わっていないです。

少年と少女が一緒になって冒険する的なジブリスタイルになっていますが、ちょっと別物ですね。でも、最後までチャンネルを変えることがなかったのはさすがはジブリです。まんまとハマってます。
 

ゲド戦記-少年と少女、竜と魔法の壮大なファンタジー動画より