アンナチュラル 2話 動画 無料!見逃し動画で!感想も

アンナチュラル 2話 動画 無料!見逃しtsutaya動画で!感想も

初回ではUDIメンバーの仕事ぶりや、人柄がなんとなく分かったものの
ミコトの一家心中という過去が判明したり、
中堂が探っている何かなど今後の展開にも絡んできそうな気になる部分もありました。

初回を観て感じたのは
面白かったけど、どんどんその面白さが増していきそうというイメージでした。

一話目では、ミコトが恋人との結婚を考えての挨拶が仕事を優先してダメになるという悲惨な状態ですが、
血の繋がらないであろう弟や、バイトの六郎、ミステリアスな中堂といった
ミコトのまわりの男性陣にも注目しています。

アンナチュラルですが、TBSオンデマンドで動画配信されています

 

 

 

アンナチュラル2話動画公式予告

 

 

 

 

アンナチュラル2話あらすじ、ネタバレ見所

アンナチュラル、今までにない死体解剖医のストーリーで楽しいです。

 

今回の見どころは、なんといっても窪田正孝さん演じる六郎の男らしい行動がかっこよかったです。

 

正直、ダメダメなアルバイトでUDIでも浮いた存在なのかなと一話で感じていましたが、トラックに閉じ込められ、池に落ち、ミコトがひっくり返りそうになった時、抱きしめて受け止めているシーンはとてもかっこよかったです。

六郎はどこかの雑誌編集者から派遣され、ミコトことを探っているようですがミコトのことが気になり始めたようですね。雑誌編集者がミコトの過去を追っているのはわかりますが、なぜ六郎を送ったのかすごく気になります。

 

そして、ミコトは気になったことはとことんやらないと気が済まない性格みたいですね。

 

刑事から止められても解剖を続け、胃の中で消化されなかった紙切れを見つけ、証拠を見つけました。

 

刑事に自殺ではないと訴えているシーンが正義感が強いというか、気になることを追求していくタイプだと感じました。

 

そのヒントがきっかけに今回の死体のメッセージを読み取り、事件を解決したのですがミコトは本当にすごいですね。死体と話が出来るような勢いです。

 

六郎の行動は今後特に気をつけて見ていきたいです。

 

アンナチュラル ドラマ第2話動画の見どころ

集団自殺に見せかけた殺人、そんなアンナチュラルデスをどうやってミコト達UDIメンバーが証明していけるかが見どころになると思います。

 

ミコトが六郎を温泉に誘うそうですが、ワケアリのようなので気になります。

 

しかも2話では、ミコトと六郎が絶体絶命のピンチに追い込まれてしまうという展開も気になりますし、ミコトの複雑な過去を知ってしまった六郎がミコトに対してどう接するのかも気になります。

アンナチュラル ドラマ第2話に出演している市川実日子さんについて

市川実日子さんが理系女子の東海林夕子役で出演していて、主人公の頼もしい職場の仲間というポジションで良い味を出しています。

夕子は主人公のミコトと違って、プライベートを大事にしたい派という感じも強いので
そこはミコトとも違ってまた面白いです。

ミコトとの会話劇も面白くて、観ていて楽しめるコンビでもありますね。

映画シンゴジラでも市川実日子さんはバリバリの理系女子の役で出演もされていました。
知的な役があうのかもしれませんね。

アンナチュラル 次回の考察

六郎とミコトが閉じ込められて水攻めにされているようなシーンが出てくる2話。

これは犯人がこれ以上探られるとまずいと感じて、二人をワナにはめてしまったのではないかと思います。

そしてミコトがピンチを切り抜ける策を必死に試して、意外にも中堂が助けに来るという展開もあるかもしれません。

2話での事件は一家心中ということですが、
ミコトの過去と重なる気がしますし、六郎がズバッと聞いてしまって、ミコトも何か語るのかも。

ピンチ迎えて、六郎はまたミコトを知って、
異性として意識し始めるのではないかとも思います。

タイトル ドラマ2話動画のまとめ

職業物のドラマで、窪田さん演じる六郎というバイトがいることで
説明が出てきて分かりやすくなっているわけですが
そうなんだという驚き、発見があちこちにあります。

やりたがる人がそうはいない職業だけに、
現実でも、私たちの生活の裏でこんな大事な仕事をしてくれている人達がいるんだなと感謝したくなりました。

2話で大倉孝二さんが警察役で出演されるのも楽しみです。

一酸化炭素中毒ではなく、凍死だった遺体の胃の中に残されたある種のメッセージ。これが2話での注目ポイントになるはずです。