もみ冬 動画 無料視聴/見逃し配信/再放送huluだけ!

もみ冬 動画 無料視聴/見逃し配信/再放送huluだけ!

もみ消して冬は二週間の無料お試しキャンペーンのhuluで見れます
それぞれメリットはありますが

huluはとにかく追加金ないです

高画質でstreamin再生できます

 

hulu公式は下記です

 

 

私立中学の校長(中村梅雀さん)の子供3人が繰り広げる、家族愛のコメディです。

3人は東大を出た、長男の医者(小澤征悦さん)、長女の弁護士(波留さん)、そして主役の次男の刑事(山田綾介さん)です。

お金持ちで執事までいました!

父の誕生日に事件が起きました。父の交際相手が、父の卑猥な写真を撮っていて、お金を要求してきた。

お金を渡さないと、写真をばらまくと脅されていた。

これを、どう解決するのかが楽しみです。

長男は医者なので、どうゆうふうに関わってくるんでしょうか?

次男は後輩に説得の方法を聞くが、教えてもらえなかった。

次男は、長男の病院にくる交際相手のスマホから画像を消去しろと、兄姉から言われる。もう犯罪ですよね!

次男は、あまりにも真面目すぎます^^

さて、うまくいくのでしょうか?

画像は消去できましたが、スマホをバッグに戻すことは、できませんでした。スマホは海に捨てて、解決しました。

次回はどんな問題が起きるのか楽しみです^^

もみ冬動画無料予告

揉み冬これまでのネタバレ

土曜9時のドラマとしては、このくらいお気楽に見られるドラマもいいなあって思いました。

登場人物も少なくてわかりやすかったです。思いっきりコメディドラマでした。山田くん、コメディの演技上手でしたよ。

華麗なる家族。自分大好き天才外科医の長男、超強きの敏腕弁護士の長女、エリート警察官の次男。学校を経営する父親。

確かに華麗だけれど、普通、誰かが学校を継ぐ設定にしないのかと突っ込みを入れたくなってしまいますが、あくまでコメディですからね(笑)。

兄と姉の優秀さには小さい頃から敵わなかったため、いつも二人に馬鹿にされて笑われてきた秀作(山田)。皆さん、特に波瑠さん演じる知晶の秀作への態度が凄すぎて「やれよ」とか言ってて横暴なんですけど、笑えます。

執事役の浅野和之さんが秀作の味方って感じで優しくて素敵でした。執事見習い役の千葉雄大さんはこういう役をやらせるとさすがお上手だなって思います。

お父さんが保護者とつきあい、その女性から裸の写真をネタにお金を要求されたため、その画像を消去するために秀作は奮闘するわけですが、目を盗んでこっそりスマホの画像の消去できたにも関わらず、スマホを女性のバッグに戻すことができなかったちょっと抜けた秀作を山田くんはとってもコミカルに演じていました。

結果、無事に解決できたのですが、誕生日プレゼントをいつも身につけてくれなかったお父さんが感謝の言葉は言わなくても、初めて着てくれて良かったです。

知晶も頑張った弟ににんじんをわけてあげたりして(にんじんかよって感じですが)ホントは頑張ってえらかったねっていう思いだよねって思いながら見ていました。次回はお兄さんの危機でしょうか。私、次回も見ちゃいそうです。

揉み冬の公式あらすじ

家族の危機を乗り越え、北沢家の一員として少しだけ認められた気がする秀作(山田涼介)。と思う間もなく博文(小澤征悦)が血と泥にまみれて帰ってきた。浜野谷院長(柴俊夫)の愛犬ジョンを逃してしまい、探し回っていたという。ジョンがなつけば昇進できると、こっそり手なずけようとしたらしい。
ジョンがいなくなる直前に一緒にいたことが浜野谷院長にバレてしまい、72時間以内に見つけないとクビと

宣告されたピンチの博文は、そっくりな犬を探すという知晶(波瑠)の無謀な提案にのる。賛成できない秀作を外して作戦は着々と進むが、楠木(千葉雄大)が活躍し、知晶に頼られていくのを見た秀作は、北沢家での自分の立ち位置が脅かされる危機を感じて…。

もみ冬まとめ

エリート3兄弟がそのスキルと権力で身内の不祥事をもみ消す!というのは聞いていましたが、山田涼介くんのキャラクター「北沢秀作」が思っていたより軟弱でエリート感が足りませんね。

あの一家、北沢家においては凡人であり常識人といった感じです。そんな秀作を主人公にして家族のめちゃくちゃな部分に思いっきりツッコミを入れながら進んでいくのが面白かったです。

想像していたよりもかなりギャグ寄りなドラマでしたし。ラストで兄の「北沢博文」が何故かボロボロになっていましたけど、この流れだとどうせ下らない理由なんだろうなあと想像がつきますね。

姉の「北沢千晶」も1話ではビシッとしてましたけど、彼女もいずれ情けない姿を見せるんですかね?主人公・秀作の今後も気になります。

お金持ちな家に生まれながらも不遇な扱いを受けてきて、どこか捻じ曲がった形に育っている彼。規律順守の念が強すぎるとか、何かあると自分が悪いのかと考えるなど見ていて心配になりますが、今回のように少しずつその殻を破っていくのかもしれません。

いや、まあ法治国家なんですからルールを守るのは大事ですし、その意味では物語開始時の秀作のままで良かったんですけどね。しかしどうにも幸せそうに見えないので、ここで悪い事を少し覚えて自由になってもいいんじゃないかと思えます。